やどぶた高齢者住宅新聞に掲載!

やどぶたが平成29年3月15日発行の高齢者住宅新聞に掲載されました。

やどぶた 高齢者住宅新聞に掲載29.03.15発行

ご高齢者の方々を元気にしようと努力しているやどぶたが、ついにメディアにも興味を持っていただけるようになりました。施設によっては撮影ができなかったり、施設内での写真は公開を禁止されていたりで、一般の方にはなかなか存在を伝えられずご理解いただくのが難しいのが現状です。

大人でもやどぶたの存在意義をすぐに理解するのは難しいでしょう。小学生のメンバーが自分たちのやっていることを理解するのはとても難しいのです。

このように取り上げていただけるとメンバーもやる気が出ます。そしてボランティアのこの活動を理解しながら更に良い活動に反映されるハズです。高齢化が加速している日本ではご高齢者の生活を守るために多額の借金を背負っています。やどぶたの活動している介護施設に入居または利用されている方々は介護保険を利用しているのです。この5分の2は税金から出ています。日本の人口4分の1が高齢者といわれるこの時代でこの介護保険に使われる税金だけでも毎月数兆円になるということです。現在、日本は1000兆円以上の借金を背負っています。これは国民一人一人から800万円以上の借金をしていることになります。今後、国民に課せられるであろう税金が上がっていくのは明らかです。なぜなら高齢化が加速しているのに対して少子化も進んでいる日本では働ける人口も減少していくのです。すなわち納税者が減少しているということは一人当たりの負担も増えていくのです。このままでは急速に日本の経済は多額の借金を増やし続けることになります。ご高齢者1人に対して1人が介護保険で使われる数十万円の税金を毎月納めなくてはならない時代になるのもそう遠くない未来といえるでしょう。この問題をどれだけの人が真剣に考えているでしょうか?

やどぶたはご高齢者の方々を元気にさせる取り組みのひとつと考えています。ご高齢者が元気に自立して生活できれば、介護保険を利用する人口も減少できるのです。そのため、やどぶたのメンバーは自分たちの未来を自分たちの力で切り開いていこうという政策でもあります。この誰も損をしない取り組みに多くの方が賛同して下さる日本国であると信じたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です